リノベーション住宅の魅力について

>

リノベーション住宅の魅力は住まいをつくる楽しさ

古き良きものと暮らす

築100年やそれ以上の家屋も、きちんと手入れをしていけばまだまだ長く住めるもの。
日本は経済成長期に多くの功績を残してもきましたが、住宅事情については、まだまだ欧米に学ぶべき点が多くあります。
そのひとつが「古き良きものと長く暮らしていく」ということ。
例えば、ヨーロッパでは、築数百年の優良物件がめずらしくありません。
もちろん、気候の違いや地震の少なさなどの理由もありますが、住宅に対する人々の考え方も日本とは大きく異なります。
住宅のリノベーションが長く人々に根付いていて、住宅を長く使おうとするヨーロッパに対して、まだまだ、日本は常に新しい住宅を求める傾向にあります。
人口の減少などが社会問題になっている今だからこそ、数ある資源・既存の中古住宅を上手に生かしているリノベーション住宅を視野に、あらためて住まいについて考えたいですね。

住みつづけたい家づくり

伝統的な日本家屋に現代風のリノベーションを加え、再生する。
日本の全国各地で、こんなプロジェクトがあることを耳にしたことはありませんか?
また、若い世代が田舎へ移住し、空き家となっていた民家を改修して住み始めた、など各メディアでもさまざまなケースを目にしますよね。
最近、大都市部を中心に注目を集めているのは、団地などの少し古い住宅に大規模なリノベーションをして、新たな生活の場として活気づけていく試み。
住まいは、わたしたちひとりひとりにとってとても大切なものです。
長く住みつづけたい家を選ぶこと。そして、長く住める家をつくっていくこと。
自分のために、そして家族のために、長く共にあり続けてほしい家づくり。
あなたもリノベーション住宅から始めてみませんか?


この記事をシェアする