リノベーション住宅の魅力について

>

リノベーション住宅の魅力:デザインと味

リノベーションの持つ柔軟なデザイン性

リノベーション住宅の魅力は、古いものと新しいものが共存するデザイン性にもあります。
現在の建築・リノベーション技術と、デザインを駆使したリノベーション住宅には、無限の可能性が秘められています。
外観は昭和時代の名残りが懐かしい団地でも、一歩家の中に入れば、あっと驚くモダンな住まいなどもたくさん。
また、昔からリノベーションが多かったキッチンまわりやバスルームなどの水まわりだけではなく、柔軟なデザイン性を持って、住まいそのものを変えていくことのできるリノベーション住宅が増えています。
大幅なリノベーションの例としては、大胆に間取りを変えてしまったものや、マンションなのに一戸建てのような開放感を演出しているもの、古民家をモダンな住まいに再現したものなどがあります。

「新しくないもの」が持つ可能性

リノベーションされた品質の高い内装や最新の設備はもちろん、現代を生きるわたしたちの暮らしに沿ったデザインも、リノベーション住宅を選ぶ大きなポイントとなるのではないでしょうか。
もともとは年代ものであった住宅も、現代人の暮らしに合うようにリノベーションをされています。
そのため、間取りや空間の使い方、採光方法なども、現代の暮らしやすさを考え、色々な工夫がされているものがたくさん。
そして、少し前までは一択しかなかった壁紙や床材なども、最近では、機能性を兼そろえたものが多く採用されています。
古民家や平屋などの伝統的な作りを生かしたまま、リノベーションされた物件などは、最新技術と古風なものが上手に調和されたデザインが素敵ですよね。


この記事をシェアする